お墓(墓石)の種類・形は
費用・土地の大きさによって変わってくる

墓石の形・スタイル|墓石 基礎知識

お墓(墓石)の形

墓石の形・デザイン・スタイル

お墓(墓石)と言ってもその形は様々。
一般的に使われているのは、「和型」と呼ばれる石台を積み重ねたオーソドックスな墓石と、「洋型」と言われるオルガン型のお墓。

そして、墓地の大きさやデザインによっても費用が変わってきます 。

現在、よく見かけるお墓(墓石)のスタイルとして「和型」と呼ばれる角柱塔型。そして、オルガン型と呼ばれる「洋型」が挙げられます。

また、和洋折衷型や神道碑、五輪塔などの墓石も宗派の違いによって見かけられます。

その他、個性的な形をした「デザイン墓」などもあり、素材に関しても、プラスチックやセラミックといった従来では考えられなかったモノが使われるようになってきました。


お墓(墓石)の種類 和型

和型三段墓

日本で一般的に使われている「和型」の墓石は、「和型三段墓」と呼ばれるもので、3つの石台の上に墓石(竿石・石碑)が置かれているタイプです。
» お墓(墓石)のしくみ

このタイプの墓石で使われる「竿石(一番上に置かれている墓石)」の部分で、一般的に用いられる長さは、尺貫法で計算された「八寸角」。そして「九寸角」の大きさが多いようです。

そして、この大きさの墓石のことを「八寸型」・「九寸型」などと呼ばれています。

・尺貫法 » 一尺を30cmとして計算
・寸型 » 一寸を3cmとして計算

また、使われる石材に関しては、「白御影石」や「黒御影石」が主流となっているようで、費用に関しては墓石代・外柵工事費などを合わせると、平均200万円前後となってきます。
(平均的な墓地の大きさ「3.3㎡」の場合、墓石のみで約70万円程~)

もちろん、石材の種類や墓石の大きさ、デザインによっては1000万円を超えるお墓もざらにあります。

お墓(墓石)の種類 洋型

洋型(オルガン型)

芝生墓地などでよく目にするのが「オルガン型」と呼ばれるお墓(墓石)

最近では、公営墓地などでも使われるようになってきましたが、その理由として、省スペースでも建墓出来ることが挙げられます。

また、費用に関しても外柵工事や土盛りを必要としないモノも多く、和型のお墓(墓石)より低価格で建てることが出来ます。
(平均的な墓地の大きさ「3.3㎡」の場合、墓石のみで約35万円程~)

主流となっている洋型の墓石は、「オルガン型」と一番上の竿石の部分が直角になっている、「ストレート型」と呼ばれる墓石に分かれてきます。

また、それぞれ竿石の下に置かれる石台の数によって、「二段」・「三段」と名所が変わってきます。

その他、欧米で用いられている「壁墓地」なども、都心部などの土地が少ない場所では見かけるようになりました。

*最近の災害等でも、墓石の破損・損失に関しては重大な事案として考えられるようになりました。購入者の中でも保険等の加入者が増え、対策意識が強くなってきています。
そして、ニーズを多くなっているのがこの「洋型タイプの墓石」です。和型と違い背が低く倒壊の恐れを軽減出来るからです。

墓石.com 基礎知識 関連コンテンツ

お墓を建てたらまずは開眼法要

墓石に魂?開眼法要とは

お墓(墓石)を建てた後に必要となってくる開眼法要。開眼法要とは一体何なのか?時期をいつ頃行うのか?服装は?用意するものは?

お布施の疑問にお答えします

お布施の金額は?水引は?

お布施は一体どのような水引でどのような表書きを書けば良いのか?また、お布施の相場は?幾ら包めばいいのか?

墓埋法

墓埋法(ぼまいほう)とは

お墓を建てるに当たって法律に基づいた方法で正しく行われなければならない。その為のルールが墓埋法。好き勝手に遺体を火葬したり、遺骨を埋めたりする事は出来ません。

お墓の継承

お墓(墓石)の継承方法・手続き

お墓(墓石)を建てた後に必要となってくる開眼法要。開眼法要とは一体何なのか?時期をいつ頃行うのか?服装は?用意するものは?

お墓のサイズ

墓地の面積はどれ位必要?

お墓を建てるにはどれ位の面積が必要となってくるのか。また、墓地の面積単位は独特。1坪でも一般的に使われている大きさとは異なります

墓地・霊園の規定

墓地(お墓)の使用規則(使用規定)

お墓(墓地)を購入するにあたって注意しておきたいのが墓地使用規則(墓地使用規約)。霊園やお寺側から使用権の拒否や墓地の返還などが求められる場合も・・・

埋葬許可書

埋葬する時に必要な埋葬許可書

お墓を建てた後、遺骨を埋葬しますが勝手に行ってはいけないと法律で定められています。ではどうすれば良いのでしょうか?そこで必要なのが埋葬許可書。では埋葬許可書はいつ交付されるのか?

閉眼供養

閉眼法要(閉眼供養)/お魂抜きとは?

お墓(墓石)を改葬する場合や新しく作り直す際、必要となってくるのが閉眼法要(閉眼供養)/お魂抜き。閉眼法要(閉眼供養)は、「お魂抜き」や「性根抜き」とも言われ、お墓に宿った仏様の魂を鎮めて抜き取る供養です

お墓の仕組み

お墓(墓石)のしくみ

知っているようで知らないお墓(墓石)のしくみ・構成。お墓と言っても様々なパーツ(上台・中台・芝台・石碑・カロート・・・)で構成されています。そんなお墓のしくみを簡単にご紹介

お墓の種類・埋葬スタイル

お墓・埋葬の種類・スタイル

お墓に埋葬されるスタイルに関しては、幾つかの種類があります。特に、単身者や子供が居ない夫婦の場合など継承者が居ない場合はどんなお墓が良いのでしょうか

墓石の形・デザイン・スタイル

お墓(墓石)の形

お墓(墓石)と言ってもその形は様々。一般的に使われているのは「和型」と呼ばれる石台を積み重ねたオーソドックスな墓石と、「洋型」と言われるオルガン型のお墓などがあります

全国の墓石

墓石の種類・産地

お墓(墓石)に使われる石材と言っても取れる産地によって色や材質、耐久性など様々。また、御影石に代表される石材は、殆どが輸入に頼っているのが現実です・・・

お墓の引っ越し:改葬

墓石(お墓)を移す方法/改葬って?

お墓の移動/引越し(改葬)。この改葬にも色々手続きや供養が必要。改葬許可証や受け入れ証明書など、揃える書類も必要となってきます・・・

墓石に彫る言葉・文字

墓石(お墓)に刻む言葉・文字 文例

墓石・墓碑・墓塔に刻む文字・言葉・句などをご紹介。文例を元に個性ある言葉をお墓(墓石)に刻んでは?



Copyright(c) 墓石.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com