「散骨」とは?

散骨は法律違反ではない?|墓石 素朴な疑問

そもそも、散骨ってなに?

海洋散骨

兄弟や子供、親類縁者によって供養され管理されていくお墓。

しかし、未婚の男女の増加や少子化が進む昨今。また、配偶者などに先立たれ、一人になってしまった高齢者など、墓守を行っていく者(承継者)が途絶え、お墓の維持管理が困難になっていく状況が増えています。
そんな中、今注目を集めているのが『散骨』です。

墓地の使用料、墓石の維持管理費などなど、経済的にも負担が掛かる従来の墓石を必要とせず、非常にリーズナブルな価格で行えるのが最大のメリットです。

しかも宗教宗派関係なく、誰でも執り行えるので、非常にハードルが低い面もメリットの一つです。


| 散骨のデメリット

ただ、注意も必要です。
それは、お墓参りをする対象(墓石)が無いという事です。

特に海洋散骨の場合は、公海上の大海原に撒くので、お墓という認識がし難いのも確か。

各回忌や命日、お盆など、お墓参りの際は、散骨に理解されていない親類縁者からの非難も多いのが、この埋葬スタイルの問題とも言えます。
(実際、後々問題になるケースが多いようです。)

散骨をお考えの方。もしくわ、散骨を希望されているご家族の方は、事前に親類縁者に本人の意思と理由を明確に伝え、理解して頂く事が必要となってきます。


その前に、散骨は合法?違法?

先ず気になるのが、『散骨』は法律上違法なのか、それとも合法なのかと言う疑問。

結論から言いますと、違法ではない。グレーゾーンであるという事です。

そもそも違法になる行為と言うのは、「遺骨」を霊園墓地・寺院など以外の場所に、勝手に埋葬してしまう行為を指します。
» 墓埋法(ぼまいほう)とは

ただ、ここで言葉のマジックみたいなモノが生じます。
それは、遺骨と散骨は別物であるという解釈です。


| 遺骨と散骨の違い

亡骸が荼毘にふせられ、遺骨となり、その遺骨が所定の場所(霊園墓地・寺院)に埋葬されるのですが、この遺骨の状態で海や山(私有地を含む)などに勝手に埋葬すると、上記の『墓埋法とは』でも記載しているように、遺骨遺棄罪などに問われる恐れがあります。

ただ、この遺骨を粉末状にしてしまうと、これは遺骨を散骨するのではなく『遺灰』を撒く、という行為になるので、「法律上の規制外」という扱になるようです。
その為、海洋葬や樹林葬などの自然葬が、暗黙の了解のもと認められているのです。

しかし、このグレーゾーンもいずれは法改正の下、将来的には規制の対象になっていくかも知れません。
でも、今のところはセーフ!です。


| 散骨はOK!でも、好き勝手な場所には出来ません

散骨が法律上問題が無いとは言え、自分が望む場所に、好き勝手に撒く事は出来ません。

そこには、ある一定のルールや社会的常識が絡んできます。

例えば、海洋散骨の場合などは、漁業権が絡む場所では散骨出来ません。

また、自治体の条例で規制されている場所などもそうです。
あと、当たり前ですが他人の私有地なども・・・。

逆に認められているケースで言えば、海洋葬ならば、公海上。樹林葬の場合ですと、業者が管理運営している山林など。その他、自分の私有地もそれに当たります。

*ご注意を!
もう一度言います。霊園墓地・寺院など法律上認められている場所以外での遺骨の埋葬や散骨は、違法行為です。
必ず、遺骨を粉砕し粉末状にしてから散骨するようにして下さい。

また、遺骨を粉末状に粉砕していても、「樹木葬においての焼骨を土に埋葬する行為を禁止する」といった自治体もあります。
くれぐれも、散骨を予定している自治体に確認の上、散骨を行うようにして下さい。

| 単身者の方にピッタリなお墓のスタイル。それが散骨です!
海洋散骨【シンプル葬】

残される者に負担を掛けない海洋散骨

お墓を建てても墓守をしてくれる家族がいない。
そもそも、お墓に掛かる費用が高すぎる!
無宗教の者として、宗派などのしがらみが気になる・・・。

そんな悩みを抱えている方にピッタリなのが、この海洋散骨です。

維持・管理費も必要なく、遺族の負担も少ない!
そんな海洋葬は、自然に還るという意味でも、理想的な埋葬方法だと言えます。


海洋散骨【シンプル葬】を申し込む

墓石.com 素朴な疑問 関連コンテンツ

墓石を建てる手順

墓石(お墓)を建てる手順って?

お墓(墓石)を建てる手順にも、様々な決まり事や手続きがあります。霊園選び・石材店選び・申請書類の提出など、素朴な疑問にお答えします。

墓地の種類:霊園・墓地

墓地の種類って?公営墓地?民営墓地?

お墓(墓石)を建てる場所って決まりがあるのでしょうか?一体墓地って何種類ぐらいに分かれるのか?勝手にお墓(墓石)を建ててはダメ?公営墓地?民営墓地?どう違うの?

お墓を建てる良い時期とは

いつお墓(墓石)を建てるべきか?

お墓(墓石)を建てる時期には、決まりがあるのだろうか。お墓(墓石)を建てるに当たって、縁起のいい日・悪い日ってあるのだろうか。そんな、お墓(墓石)に関する素朴な疑問にお応えします

墓石の価格

墓石(お墓)の値段の違いは?

お墓(墓石)と一口に言っても種類も色々、産地も色々、そして値段も色々。墓石の値段はどのように付けられているのか。色んな要素が絡んで墓石の値段は決められているようで、一概に言えないのが事実

墓石に刻む文字

墓石(お墓)に刻む文字 戒名・本名?

お墓(墓石)を建てる際、気になるのが墓石に刻む文字。どんな文字を刻めば良いのか。戒名とは?本名はどこに刻むの?合祀墓・単独墓では、刻む文字も場所も変わってくる?

永代供養墓

子供がいない夫婦のお墓はどうなるの?

子供が居らず、お墓(墓石)を供養してくれる人がいない場合や、独身で将来お墓(墓石)管理してくれる人がいない場合、一体どうすれば良いのか。そこで考えられるのが、永代供養墓や共同墓の存在

内縁の妻・再婚した妻のお墓

再婚した女性のお墓はどうすれば良いのか?

再婚した女性は、どのお墓(墓石)に入るべきなのか。また、内縁の妻のお墓はどうなるのか。永代使用権者との関係により、お墓に入れない場合も・・・。何故ならば、承諾が必要となってくるから

お墓に税金は掛かるの?

墓石(お墓)に掛かる税金は?

お墓(墓石)の購入や相続に当たって疑問に思うのが、「税金」。相続税は掛かってくるのか。掛かってくるとしたらどれ位なのか。それとも非課税?

墓じまい・お墓の移動(改葬)

墓じまいとは?

墓じまいの費用は意外と掛かる。墓じまいの手続きも面倒が多いようで・・・。お墓(墓石)を守っていく後継ぎがいなくなったらどうすれば良いのでしょうか。無縁墓になってしまわないようにするには・・・

樹林墓地(樹木葬・樹林葬)

樹林墓地(樹木葬・樹林葬)とは?

お墓の新しいスタイル。それが樹林墓地(樹木葬・樹林葬)です。墓石を必要とせず、墓標を樹木で祭る自然派のお墓。後継者が居なくても安心出来るお墓のスタイル

海洋散骨

散骨は合法?散骨と遺骨の違い

散骨に関する疑問にお答えします。遺骨を勝手に好きな場所に埋葬は出来ない!散骨も法律違反になるのでは?そもそも、散骨ってなに?



Copyright(c) 墓石.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com