再婚した女性のお墓は、永代使用権者の承認が必要

再婚しんた女性の墓石|墓石 素朴な疑問

再婚した女性のお墓はどうすれば良いの?


内縁の妻・再婚した妻のお墓

再婚した女性は、どのお墓(墓石)に入るべきなの?
また、内縁の妻のお墓はどうなるのだろうか?

ある年齢になってくると、自分のお墓はどうするべきか、という疑問を抱く様になります。
そして、特に悩まされるのは、再婚や内縁の妻といった立場の女性です。

結論から言いますと、永代使用権者との関係によりお墓に入れない場合も出てきます。
何故ならば、承諾が必要となってくるからです。


再婚の女性・内縁の妻の入るべきお墓とは・・・

意外と悩んでらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

確かに、『再婚した女性が入るお墓(墓石)の問題』に関しては、どうすれば一番ベストなのか悩まれるところです。

法律上は、前夫の墓でも現在の夫の墓でも入ることが可能なのですが、そのお墓の永代使用権者の承諾が必要となってきます。

現在の夫が永代使用権者ならば問題ないでしょう。しかし、再婚と言ってもそれぞれ様々な事情があるのも事実です。

特に悩まれるのが、再婚した夫に先立たれ場合です。
そのお墓(墓石)の永代使用権は、夫の子供が所有する事となります。そうなると、本人と子供との関係がネックとなってきます。

良好な関係を築けていれば良いのですが、そうでない場合は、永代使用権を承認してもらえず、そのお墓に入ることが出来ない場合も考えられるからです。

また、婚姻届を出していない「内縁関係」の場合はどうなるのでしょうか?

夫婦同然の生活を営み社会的にも認められている場合などは、法律上なんら問題はありません。

しかし、このようなケースでは前妻に先立たれて既にお墓に入っている場合があります。
こんな状況では、一緒のお墓(墓石)に入ることはためらわれます。

実際には、内妻はその実家や親族のお墓に入るか、同じ墓地(敷地内)に新たなお墓(墓石)を建ててもらうという事になります。

ただ、ここで注意しておきたいのが、同じ場所にお墓を2つ以上建てられるか、と言う問題です。

一墓地一墓石の原則がある霊園などでは、内妻のお墓を新たに建墓することが出来ない場合もあります。


結局はどうなのか?

どういう状況であれお墓に入る場合は、そのお墓(墓石)の永代使用権者の承認が必ず必要となってくると言う事です。

そうなると「誰にも迷惑を掛けず一人安らかに・・・」という思いから、永代供養墓や樹木葬といったお墓を選択する事となります。
» 樹木葬とは?

実際都心などでは、新たにお墓を求める事が困難な状況に加え、墓守をする子供や家族がいないと言った人も増えているので、こういった形のお墓が主流となってきています。

確かに、夫の家族との折り合いや煩わしさを考えれば、このような考えは当然だと言えるでしょう。


全国の永代供養・樹木葬・納骨堂も多数掲載!
霊園・墓地検索ポータルサイト【もしもドットネット】

日本最大級の墓地・霊園検索サイト【もしもドットネット】

・掲載されている物件件数は全国で約1300超!
・安心安全!経済産業省に認可された首都圏石材協同組合が運営するサイト
・自分の理想に合致するお墓を最短距離で解りやすく検索が可能!
・相談無料!専属の仏事コンサルタントがメールや電話にて霊園探しをサポート
・資料請求も無料。ご自身が気になる物件をいくつでも取り寄せる事が可能

先ずは、「地域」「墓地・霊園の種類」から検索!直ぐに掲載されている物件の中からピンポイントで結果が表示されます。

全国の永代供養墓を検索

「単身者・夫婦だけ・ペットと一緒」といった方のお墓もご紹介!

3つの永代供養墓と7種類のテーマから霊園・墓地を検索!
将来、お墓を守ってくれる人が居ない方にも、安心して墓地・霊園選びのサポートを行ってくれます。

是非、この検索サイトで霊園選びを吟味して見て下さい。

墓石.com 素朴な疑問 関連コンテンツ

墓石を建てる手順

墓石(お墓)を建てる手順って?

お墓(墓石)を建てる手順にも、様々な決まり事や手続きがあります。霊園選び・石材店選び・申請書類の提出など、素朴な疑問にお答えします。

墓地の種類:霊園・墓地

墓地の種類って?公営墓地?民営墓地?

お墓(墓石)を建てる場所って決まりがあるのでしょうか?一体墓地って何種類ぐらいに分かれるのか?勝手にお墓(墓石)を建ててはダメ?公営墓地?民営墓地?どう違うの?

お墓を建てる良い時期とは

いつお墓(墓石)を建てるべきか?

お墓(墓石)を建てる時期には、決まりがあるのだろうか。お墓(墓石)を建てるに当たって、縁起のいい日・悪い日ってあるのだろうか。そんな、お墓(墓石)に関する素朴な疑問にお応えします

墓石の価格

墓石(お墓)の値段の違いは?

お墓(墓石)と一口に言っても種類も色々、産地も色々、そして値段も色々。墓石の値段はどのように付けられているのか。色んな要素が絡んで墓石の値段は決められているようで、一概に言えないのが事実

墓石に刻む文字

墓石(お墓)に刻む文字 戒名・本名?

お墓(墓石)を建てる際、気になるのが墓石に刻む文字。どんな文字を刻めば良いのか。戒名とは?本名はどこに刻むの?合祀墓・単独墓では、刻む文字も場所も変わってくる?

永代供養墓

子供がいない夫婦のお墓はどうなるの?

子供が居らず、お墓(墓石)を供養してくれる人がいない場合や、独身で将来お墓(墓石)管理してくれる人がいない場合、一体どうすれば良いのか。そこで考えられるのが、永代供養墓や共同墓の存在

内縁の妻・再婚した妻のお墓

再婚した女性のお墓はどうすれば良いのか?

再婚した女性は、どのお墓(墓石)に入るべきなのか。また、内縁の妻のお墓はどうなるのか。永代使用権者との関係により、お墓に入れない場合も・・・。何故ならば、承諾が必要となってくるから

お墓に税金は掛かるの?

墓石(お墓)に掛かる税金は?

お墓(墓石)の購入や相続に当たって疑問に思うのが、「税金」。相続税は掛かってくるのか。掛かってくるとしたらどれ位なのか。それとも非課税?

墓じまい・お墓の移動(改葬)

墓じまいとは?

墓じまいの費用は意外と掛かる。墓じまいの手続きも面倒が多いようで・・・。お墓(墓石)を守っていく後継ぎがいなくなったらどうすれば良いのでしょうか。無縁墓になってしまわないようにするには・・・

樹林墓地(樹木葬・樹林葬)

樹林墓地(樹木葬・樹林葬)とは?

お墓の新しいスタイル。それが樹林墓地(樹木葬・樹林葬)です。墓石を必要とせず、墓標を樹木で祭る自然派のお墓。後継者が居なくても安心出来るお墓のスタイル

海洋散骨

散骨は合法?散骨と遺骨の違い

散骨に関する疑問にお答えします。遺骨を勝手に好きな場所に埋葬は出来ない!散骨も法律違反になるのでは?そもそも、散骨ってなに?



Copyright(c) 墓石.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com