お墓参りで注意したい点

お墓参りのマナー|墓石 基礎知識

お墓参り 作法・持ち物・時期


お墓を建てるよりお墓参りが大事

お墓(墓石)を建てる事が大切ではなく、建墓した後にお参りにいく事が大切なのです。

しかし、お墓参りと一言で言っても正しい参拝の仕方や持参していくものって、皆さんご存知ですか?

意外と知らない、そんなお墓参りのマナーをこちらではご紹介します。

お墓参りはいつ行けば良いの?

お墓(墓石)を建てる事は、故人やご先祖様に対しての供養の第一歩。

その後、肝心なのがお盆やお彼岸、忌日などに忘れずにお参りをする事です。

しかし、お墓が遠方にありお墓参りがなかなか出来ない方も多いでしょう。
そんな場合でも、供養料を払い本人に代わって先祖の供養やお墓の管理を行ってもらうようにして頂きたいところです。

また、そういったお墓参りの節目にあたる時期以外でも、手を合わせに行くことは、故人・ご先祖様にとっては喜ばしい事ではないでしょうか。

合格報告や就職・快気・誕生などなど、伝えておきたいことを報告する事もお参りの一つです。

思い立ったら吉日。
理由が無くてもお墓に訪れるだけで意味があるように思えるのですが・・・。


お墓参りに持って行くもの

お墓参りに用意しておくもの

お墓参りに必要なモノは、数珠・ロウソク・マッチ・お供え物(故人が好きだったモノ)・線香・お花など。

また、ほうきや塵取り・たわし・ブラシ・スポンジ・タオル・軍手・ひしゃく・バケツなど、お墓周りの掃除を行う為に、これらのモノも用意しておく必要があります。

もちろん、霊園や寺院など場所によっては貸し出しされているところもありますが、事前にチェックをしておいた方がいいでしょう。

お墓参りの作法・参拝方法

お墓参りに関しては、コレと言った作法や決まりごとがある訳ではありません。

お参りされる方の気持ちが大切であり、故人やご先祖様に対する感謝の気持ちが重要。
とは言え、ある程度の流れは知っておきたいところです。


| 先ず、お墓に着いたら掃除から始める

お墓周りの雑草やゴミをキレイにして、墓石の汚れを濡れふきんなどでふき取っていきます。

もし汚れが酷いようなら、タワシやスポンジ・ブラシなどで洗い落とします。

墓石(仏様)に水を掛けるのは失礼といった考えたかもあるようですが、そこも気持ちの問題。
汚れていればキレイにしてあげるのは当たり前の話。

尚、あまり荒っぽく行うと彫刻されている部分などは脆くなっている恐れがあり、欠けてしまう場合もあります。
くれぐれも優しく、労わる様な扱いで。

また、水鉢の水もキレイなものに替えて、花立には故人が好きだったお花を供えます。

そして、お供え物を添えてロウソクに火を点し、お線香をたきます。


お墓参り:合唱礼拝

| 合唱礼拝

そして、最後に新しい水をひしゃくでたっぷりと掛け、合唱礼拝を行います。

墓石に水を掛けると言うのは、「お墓を清める」という意味合いと、仏教では「仏様に食事を施す」と言う意味合いがあります。

尚、宗派によっては水を掛けない場合もありますので、ご注意下さい。


| お墓参りの後

霊園や寺院など野外にある墓地の場合、お供え物をそのまま残しておくと野良猫や害鳥・害虫による被害の原因となってしまいます。

霊園・寺院などでは、適当な時期に回収してくれる所もありますが、お墓参りが済んだら持ち帰るようにして下さい。

また、ロウソクやお線香の火も火事の元となりますので、必ず消して帰るようにして下さい。

尚、お墓参りの前・後どちらでも構わないのですが、お寺の本堂へのお参りも行っておきたいところです。

住職との会話は、お墓を預かってもらっている立場としては、欠かす事の出来ない時間。
ましてや、頻繁にお墓参りが出来ない方にとっては、是非日ごろの感謝の気持ちを伝えておきましょう。


墓石.com 基礎知識 関連コンテンツ

お墓を建てたらまずは開眼法要

墓石に魂?開眼法要とは

お墓(墓石)を建てた後に必要となってくる開眼法要。開眼法要とは一体何なのか?時期をいつ頃行うのか?服装は?用意するものは?

お布施の疑問にお答えします

お布施の金額は?水引は?

お布施は一体どのような水引でどのような表書きを書けば良いのか?また、お布施の相場は?幾ら包めばいいのか?

墓埋法

墓埋法(ぼまいほう)とは

お墓を建てるに当たって法律に基づいた方法で正しく行われなければならない。その為のルールが墓埋法。好き勝手に遺体を火葬したり、遺骨を埋めたりする事は出来ません。

お墓の継承

お墓(墓石)の継承方法・手続き

お墓(墓石)を建てた後に必要となってくる開眼法要。開眼法要とは一体何なのか?時期をいつ頃行うのか?服装は?用意するものは?

お墓のサイズ

墓地の面積はどれ位必要?

お墓を建てるにはどれ位の面積が必要となってくるのか。また、墓地の面積単位は独特。1坪でも一般的に使われている大きさとは異なります

墓地・霊園の規定

墓地(お墓)の使用規則(使用規定)

お墓(墓地)を購入するにあたって注意しておきたいのが墓地使用規則(墓地使用規約)。霊園やお寺側から使用権の拒否や墓地の返還などが求められる場合も・・・

埋葬許可書

埋葬する時に必要な埋葬許可書

お墓を建てた後、遺骨を埋葬しますが勝手に行ってはいけないと法律で定められています。ではどうすれば良いのでしょうか?そこで必要なのが埋葬許可書。では埋葬許可書はいつ交付されるのか?

閉眼供養

閉眼法要(閉眼供養)/お魂抜きとは?

お墓(墓石)を改葬する場合や新しく作り直す際、必要となってくるのが閉眼法要(閉眼供養)/お魂抜き。閉眼法要(閉眼供養)は、「お魂抜き」や「性根抜き」とも言われ、お墓に宿った仏様の魂を鎮めて抜き取る供養です

お墓の仕組み

お墓(墓石)のしくみ

知っているようで知らないお墓(墓石)のしくみ・構成。お墓と言っても様々なパーツ(上台・中台・芝台・石碑・カロート・・・)で構成されています。そんなお墓のしくみを簡単にご紹介

お墓の種類・埋葬スタイル

お墓・埋葬の種類・スタイル

お墓に埋葬されるスタイルに関しては、幾つかの種類があります。特に、単身者や子供が居ない夫婦の場合など継承者が居ない場合はどんなお墓が良いのでしょうか

墓石の形・デザイン・スタイル

お墓(墓石)の形

お墓(墓石)と言ってもその形は様々。一般的に使われているのは「和型」と呼ばれる石台を積み重ねたオーソドックスな墓石と、「洋型」と言われるオルガン型のお墓などがあります

全国の墓石

墓石の種類・産地

お墓(墓石)に使われる石材と言っても取れる産地によって色や材質、耐久性など様々。また、御影石に代表される石材は、殆どが輸入に頼っているのが現実です・・・

お墓の引っ越し:改葬

墓石(お墓)を移す方法/改葬って?

お墓の移動/引越し(改葬)。この改葬にも色々手続きや供養が必要。改葬許可証や受け入れ証明書など、揃える書類も必要となってきます・・・

墓石に彫る言葉・文字

墓石(お墓)に刻む言葉・文字 文例

墓石・墓碑・墓塔に刻む文字・言葉・句などをご紹介。文例を元に個性ある言葉をお墓(墓石)に刻んでは?



Copyright(c) 墓石.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com