お墓の継承は苗字が変わっても関係ない

一人娘の墓石の相続|墓石 口コミ

一人娘の墓石の相続

一人娘のお墓の継承

少子化が進みお子さんが一人。しかも娘だけ、と言うご家庭も増えてきました。

そして、近年不安や疑問に思われる方が多くなっている事例が、「お墓の相続・継承」の問題です。

明治時代から先の戦前まで続いた『家制度』の誤解から、「お墓は男系が受け継いで行くもの!」という考えが我々の意識に根付いているのも事実です。

しかし、実際にはそんなに固執した考えでもないようです。

要は、血の繋がった両親のお墓を子供が継承し、管理していくのは当たり前!
苗字が変わっただの、旦那の家に嫁いだだのと言った問題は、まったく関係ない!ようなんですが・・・。


お墓や仏壇等の祭祀に関わる物の継承は、苗字が変わっても大丈夫?

先ず、仏教上お墓(祭祀全般)の継承にあたっては、苗字(姓)が変わってもなんら問題は無いということです。

と言うことは、その娘さん自信が実家のお墓を受け継ぎお世話(年間管理料の支払いなど)をしていくことは、何の障害もありません。

ただ、自分が死んでからその実家の墓石がどうなるか、と言う問題の方が大きくなってきます。

いずれは嫁ぎ先のお墓(ご主人が長男もしくはお墓を継承する立場の場合)に入ることになるので、実家のお墓を自分の子供達、そして孫へとバトンタッチしていけるかがネックとなってきます。

まぁ~この辺に関しては、お子さんが判断できる年齢になってからでもじっくり相談さる方が良いかもしれません。

因みに、お墓の継承は民法で定められています。

民法 第897条
1.系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2.前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。

要するに、家督を継ぐ長男が継承するということには一言も触れておらず、その時の状況や慣習によって決められると言うことです。

まさに、法律より慣習が優先される法律です。
その為お墓の継承に関しては、色々問題が起こりやすいと言うことも事実のようですが・・・。その場合は、家庭裁判所で審判を仰ぐことになります。
継承方法はこちら »

しかし、上記の例は一人娘が嫁いでお子さんがいる場合です。では、未婚の場合だったら・・・?


永代供養墓という考え方

お寺や霊園が親族に成り代わって永代に渡り供養してくれるお墓。

その種類も様々ありますが、継承者が居ない。もしくは、将来居なくなると言う方の為の新しいお墓のスタイルです。
詳細はこちら »


宗派が違う・苗字が違う。お墓に一緒に入れるの?

旦那が長男の場合。長男以外。お墓を継承する立場の場合、そうでない場合・・・。
などなど、その状況は幾つもあり対処の仕方も分かれてきます。

そして一番厄介に思われるケースが、一人娘が長男に嫁いだ場合です。

先ず考えられるのは、嫁ぎ先のお墓に実家のお墓を入れてもらう(合葬)と言う方法。

しかし、これに関してはやはりハードルが高いでしょう。合葬される側もする側も抵抗感はぬぐえません。

また、嫁ぎ先の身内からも良い反応が得られない場合も考えられます。
やはり、違う姓(一族)の者が一緒に入るというのは、抵抗感があるようです。

そうなると、一番問題が少なく子や孫に負担が掛からない方法としては、自分の代まで管理した後、上記で記載した「永代供養墓」に改葬すると言う方法がベストとなってくるのではないでしょうか。

もちろん、お子さんが継承出来れば問題はありませんが、一人っ子の場合などは両家の墓を管理するのは相当な負担となってきます。

旦那が長男以外、継承者以外の場合。
このようなケースの場合は、新たに自分達のお墓を用意する必要が出てきます。
そこで活用したいのが、実家のお墓に入る方法です。

ただ、同じお墓(仏壇等)に入るとなれば、根本的な疑問として「宗派の違い」「苗字の違い」による弊害が挙げられるのではないでしょうか。

お墓が公営墓地や宗派を問わない民間の霊園などにあれば余り問題も無いのでしょうが、寺院等に有る場合などは宗派の違いによって断られることがありますので、改宗してその寺院に属す必要があります。

ただ苗字(姓)に関しては、仏教上どの宗派でも違う苗字の人が同じお墓に入ることは問題視されていないようです。

「○○家代々の墓」と墓石に彫られている場合でも、これは同じ名前の家族を意味するのではなく、親族累代の墓と言う意味合いがあり、基本的には身内なら誰でも入れます。

但し、継承者の了承は必要となってきますが。

また、上記のように苗字に抵抗がある場合などは、墓石に刻まれている「○○家の墓」を「南無阿弥陀仏」や「南妙法蓮華経」など宗派に関する言葉や、家族の「思い」が表現された言葉や文字などに彫り直すのも一つの方法です。
詳細はこちら »



墓石.com 口コミ情報 関連コンテンツ

墓石業者は勝手に選べない? 墓石業者は勝手に選べない?自分好みのデザインや種類、価格帯の墓石を勝手に選ぶことは出来ないのが墓地や霊園での決まりごと
初めての墓石選び・予算 墓石を購入するに当たって知っておきたい事をご紹介。予算や墓石の柄・デザイン・耐久性など様々な面から墓石選びをしたいところ
地域によって墓石(お墓)のデザインが違う? 墓石と一言で言っても使われている石材や形など様々。また、地域によってもそれぞれ特有のデザインがあるようで・・・
墓石 値段の違い 新しく購入する方にとっても、建て替える方にとっても。そこで疑問が生じるのが値段。同じ大きさ・形でも石材店によっては大きく変わってきます
デザイン墓石が増えている? デザイン墓石(お墓)が増えている?お墓=家族・個人という考え方から、デザイン墓石/デザイン墓が増えているようです
墓石を建てたいが経済的に苦しい・・・ 経済的に苦しくて墓石を建てられない。少しでも安く建てるには?メンテナンス費用や震災等での破損を最小限抑えるには・・・
嫁いだ一人娘が実家のお墓を守る方法とは? 少子化で多くなるお墓の相続の問題。一人娘で嫁いだ場合はどうすれば良いのか・・・
Copyright(c) 墓石.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com