墓石(お墓)名前(戒名)を刻むだけ。
でも、色々決まりがあります

墓石の戒名|墓石 素朴な疑問

墓石に名前(戒名)を入れる場所が無い・・・。

墓石の戒名

新たに亡くなった身内を、今ある墓石に埋葬し名前を入れたい。

そんな場合、どうすれば良いのでしょう?

先ずやるべき事は、墓石があるお寺や霊園など、その場所を管理運営している関係者に連絡をとる事が必要となってきます。

もし、葬儀を執り行ってくれたお坊さんに納骨を行う49日や1周忌の法要もお願いする予定ならば、その時点で相談してみては如何でしょうか。

いずれにせよ、墓石に名前を入れる時は、一旦竿石の部分を石材店に持ち帰って彫ってもらわなくてはなりません。

その為、お坊さんに「閉眼法要(閉眼供養)/お魂抜き」の法要を執り行ってもらわなくてはいけないのです。

菩提寺があれば何の問題もないのですが、そうでない方はどのように手配すれば良いのか解らないはず。

やはりそんな時は、墓石がある霊園・墓地の管理者に連絡し、お坊さんの手配とその場所に出入りしている石材店を紹介してもらう、と言うのが妥当ではないでしょうか。


墓石に名前(戒名)を入れる場所が無い・・・。

墓石に戒名が刻めない

先祖代々は別として、古い墓石になると竿石の部分に名前を彫る場所がなくなり、困っている方も多いのではないでしょうか。

そんな場合、大きく分けて2つ方法が考えられます。
その一つが『墓誌(霊標)』を新たに設けるというやり方です。

墓誌とは、まさしく墓石に戒名や没年月日、年齢などを彫るスペースが無くなった場合に、新たに板状の石を設置し、そこへ彫っていくというものです。

ただ、墓誌を建てるには、墓地自体に余裕のあるスペースが必要となってきます。

もし、墓誌を建てるスペースが確保出来ない場合は、2つ目の手段でもある「新たに竿石を作り直す」という方法が考えられます。

この場合、墓石に彫る言葉は「○○家代々之墓」や「○○家累代之墓」。
更にもっとシンプルに「○○家」といった風に、今後お墓に入る方の戒名などを彫る必要が無いように立て替える方法です。
» 墓石に刻む文字 戒名・本名?

何れにせよ、石材店で行ってもらわなくてはならず、費用もそれなりに掛かってしまいます。

やっぱり気になるのが費用

コレに関してはまちまちです。

地域にもよるでしょうし、石材店の規模によっても設定金額が違います。(字数に関係なく1名分の料金で設定されているようです)

また、お寺の墓地などにお墓がある場合は、そのお寺と専属契約している指定の石材店とのやり取りとなりますので、必然的に料金は決まってきます。(霊園など公苑墓地の場合でも、複数の指定石材店との契約がされているケースがあります)

一般的に言われている最低ラインは、約2万円程ということですが、お墓に彫られている字体との兼ね合いもあり、それ以上になってくることは考えられます。

また、以前は石材店が直接墓地に伺い、閉眼法要(閉眼供養)/お魂抜きの後、その場で戒名などを彫ってくれていましたが、最近では、石材店へ持ち帰っての作業となるので、運搬料も掛かってきます。

因みに、上記のお坊さんの法要にもお金が掛かってくるのでお忘れなく。

墓石.com 素朴な疑問 関連コンテンツ

墓石を建てる手順

墓石(お墓)を建てる手順って?

お墓(墓石)を建てる手順にも、様々な決まり事や手続きがあります。霊園選び・石材店選び・申請書類の提出など、素朴な疑問にお答えします。

墓地の種類:霊園・墓地

墓地の種類って?公営墓地?民営墓地?

お墓(墓石)を建てる場所って決まりがあるのでしょうか?一体墓地って何種類ぐらいに分かれるのか?勝手にお墓(墓石)を建ててはダメ?公営墓地?民営墓地?どう違うの?

お墓を建てる良い時期とは

いつお墓(墓石)を建てるべきか?

お墓(墓石)を建てる時期には、決まりがあるのだろうか。お墓(墓石)を建てるに当たって、縁起のいい日・悪い日ってあるのだろうか。そんな、お墓(墓石)に関する素朴な疑問にお応えします

墓石の価格

墓石(お墓)の値段の違いは?

お墓(墓石)と一口に言っても種類も色々、産地も色々、そして値段も色々。墓石の値段はどのように付けられているのか。色んな要素が絡んで墓石の値段は決められているようで、一概に言えないのが事実

墓石に刻む文字

墓石(お墓)に刻む文字 戒名・本名?

お墓(墓石)を建てる際、気になるのが墓石に刻む文字。どんな文字を刻めば良いのか。戒名とは?本名はどこに刻むの?合祀墓・単独墓では、刻む文字も場所も変わってくる?

永代供養墓

子供がいない夫婦のお墓はどうなるの?

子供が居らず、お墓(墓石)を供養してくれる人がいない場合や、独身で将来お墓(墓石)管理してくれる人がいない場合、一体どうすれば良いのか。そこで考えられるのが、永代供養墓や共同墓の存在

内縁の妻・再婚した妻のお墓

再婚した女性のお墓はどうすれば良いのか?

再婚した女性は、どのお墓(墓石)に入るべきなのか。また、内縁の妻のお墓はどうなるのか。永代使用権者との関係により、お墓に入れない場合も・・・。何故ならば、承諾が必要となってくるから

お墓に税金は掛かるの?

墓石(お墓)に掛かる税金は?

お墓(墓石)の購入や相続に当たって疑問に思うのが、「税金」。相続税は掛かってくるのか。掛かってくるとしたらどれ位なのか。それとも非課税?

墓じまい・お墓の移動(改葬)

墓じまいとは?

墓じまいの費用は意外と掛かる。墓じまいの手続きも面倒が多いようで・・・。お墓(墓石)を守っていく後継ぎがいなくなったらどうすれば良いのでしょうか。無縁墓になってしまわないようにするには・・・

樹林墓地(樹木葬・樹林葬)

樹林墓地(樹木葬・樹林葬)とは?

お墓の新しいスタイル。それが樹林墓地(樹木葬・樹林葬)です。墓石を必要とせず、墓標を樹木で祭る自然派のお墓。後継者が居なくても安心出来るお墓のスタイル

海洋散骨

散骨は合法?散骨と遺骨の違い

散骨に関する疑問にお答えします。遺骨を勝手に好きな場所に埋葬は出来ない!散骨も法律違反になるのでは?そもそも、散骨ってなに?



Copyright(c) 墓石.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com