墓石(お墓)に刻む文字は自由な発想で

墓石に刻む文字|墓石 基礎知識

墓石(お墓)に刻む言葉 文例

墓石に彫る言葉・文字

墓石(お墓)に刻まれる言葉というのは、一般的に「○○家」と言ったような形や「南無阿弥陀沸」・「南妙法蓮華経」と言った、宗派によって決められた言葉が刻まれてきました。

現在でも、そのスタイルは多く見受けられますが、近年、故人の好きであった言葉やフレーズ、そして家族の「思い」が表現された言葉や文字などが記されるようになりました。

書式や構成・配置など、お墓を建てる人のこだわりが色濃く反映された墓石も多く見られます。

そこで、ココでは自由な発想で墓石(お墓)に文字を刻みたいとお考えの方に、言葉の文例や文字などをご紹介したいと思います。

とは言え、皆が考え付きそうな言葉や文字を刻むと似たような墓石が並んでいる・・・。なんて事にも成りかねません。
あくまでも目安として考えて頂ければと思います。


墓石(お墓)に刻む文字・言葉 1文字

喜/願/絆/花/昴/祈/道/心/夢/眠/輝/真/静/安/和/愛/無/偲/霊/治/楽/遊/魂/憩

墓石(お墓)に刻む文字・言葉 2文字以上

趣道/自然/沸心/喜悦/清染/呑風/平安/解脱/夢想/清心/無限/寛恕/歸自然/野ノ墓/悠悠郷/華観音/冩楽樹/諸法無我/一期一会/偕老洞穴/倶會一處/春夏秋冬/春秋有楽/樹心流惰/風定花猶
寛恕(かんじょ) 心が広くて思いやりのあること
諸法無我(しょほうむが) 全ての作られたもの(諸法)には実体が無い(無我)
偕老洞穴(かいろうどうけつ) 生きてはともに老い、死んでは同じ墓に葬られる意。契りの固いこと
倶會一處(くえいちしょ) 倶(とも)に一つ処(ところ)に会う
風定花猶(かぜさだまりてはななおおつ) 風が無くとも時が来れば花はひらひらと舞い落ちる(それぞれ物事には最善の時がある)

墓石(お墓)に刻む言葉 句/文

・我らの国籍は天にあり
・花こぼれてなほ薫る
・愛でにし者とやがて会いなん
・風のように 雲のように 天に抱かれて眠る
・富士こそわがいのち
・われ山にむかひて目をあぐ
・幸せはいつも自分の心がきめる
・やすらかにここに眠る
・いつか 又あえる うれしさ
・父なる海とともに
・悠遠の彼方で会わむ いつの日か
・暫くのわかれ また団欒

その他、キリスト教を信仰されている方(そうでない方でも良いのですが)なら、聖書からの引用も多く見受けられます。また、故人が残した短歌や俳句なども良いのではないでしょうか。

墓石(お墓)に刻む文字・言葉の注意点

一般的に墓石に刻まれる文字には「正字」が用いられます。正字とは、正当(正規)な文字であり「正確な文字」という意味ではありません。あくてまでも「略字・俗字」に対する反対の概念で示される文字です。
例えば、正字の「働」に対して略字の「仂」と言った具合に。

もちろん、墓石に刻まれる文字の書体は自由です。ただ、一般的に用いられているのは「隷書体・楷書体・行書体」の3種類です。
(最近では、書家の独特な書体によってデザインしてくれる専門の業者も多いようです)

また言葉に関しても、亡くなられた方の意思やご遺族の思いなど踏まえて墓石に彫る事は、比較的よく見受けられます。
しかし、墓石に彫る文字は一度彫ってしまうと手直しが出来ませんので、慎重に行って欲しいものです。

例えば、お墓がある寺院や霊園などでは、宗教的な問題等で自由に文字を刻む事を禁止している場合もあります。
また、先祖代々受け継がれた家墓には余り相応しくありません。

自由な文字を刻むお墓の場合、子供が娘だけで受け継ぐ者が居ないご家庭で用いられるケースが多いようです。
娘さんが嫁いでからも継承しやすいように、という考えからだそうですが・・・。


墓石.com 基礎知識 関連コンテンツ

お墓を建てたらまずは開眼法要

墓石に魂?開眼法要とは

お墓(墓石)を建てた後に必要となってくる開眼法要。開眼法要とは一体何なのか?時期をいつ頃行うのか?服装は?用意するものは?

お布施の疑問にお答えします

お布施の金額は?水引は?

お布施は一体どのような水引でどのような表書きを書けば良いのか?また、お布施の相場は?幾ら包めばいいのか?

墓埋法

墓埋法(ぼまいほう)とは

お墓を建てるに当たって法律に基づいた方法で正しく行われなければならない。その為のルールが墓埋法。好き勝手に遺体を火葬したり、遺骨を埋めたりする事は出来ません。

お墓の継承

お墓(墓石)の継承方法・手続き

お墓(墓石)を建てた後に必要となってくる開眼法要。開眼法要とは一体何なのか?時期をいつ頃行うのか?服装は?用意するものは?

お墓のサイズ

墓地の面積はどれ位必要?

お墓を建てるにはどれ位の面積が必要となってくるのか。また、墓地の面積単位は独特。1坪でも一般的に使われている大きさとは異なります

墓地・霊園の規定

墓地(お墓)の使用規則(使用規定)

お墓(墓地)を購入するにあたって注意しておきたいのが墓地使用規則(墓地使用規約)。霊園やお寺側から使用権の拒否や墓地の返還などが求められる場合も・・・

埋葬許可書

埋葬する時に必要な埋葬許可書

お墓を建てた後、遺骨を埋葬しますが勝手に行ってはいけないと法律で定められています。ではどうすれば良いのでしょうか?そこで必要なのが埋葬許可書。では埋葬許可書はいつ交付されるのか?

閉眼供養

閉眼法要(閉眼供養)/お魂抜きとは?

お墓(墓石)を改葬する場合や新しく作り直す際、必要となってくるのが閉眼法要(閉眼供養)/お魂抜き。閉眼法要(閉眼供養)は、「お魂抜き」や「性根抜き」とも言われ、お墓に宿った仏様の魂を鎮めて抜き取る供養です

お墓の仕組み

お墓(墓石)のしくみ

知っているようで知らないお墓(墓石)のしくみ・構成。お墓と言っても様々なパーツ(上台・中台・芝台・石碑・カロート・・・)で構成されています。そんなお墓のしくみを簡単にご紹介

お墓の種類・埋葬スタイル

お墓・埋葬の種類・スタイル

お墓に埋葬されるスタイルに関しては、幾つかの種類があります。特に、単身者や子供が居ない夫婦の場合など継承者が居ない場合はどんなお墓が良いのでしょうか

墓石の形・デザイン・スタイル

お墓(墓石)の形

お墓(墓石)と言ってもその形は様々。一般的に使われているのは「和型」と呼ばれる石台を積み重ねたオーソドックスな墓石と、「洋型」と言われるオルガン型のお墓などがあります

全国の墓石

墓石の種類・産地

お墓(墓石)に使われる石材と言っても取れる産地によって色や材質、耐久性など様々。また、御影石に代表される石材は、殆どが輸入に頼っているのが現実です・・・

お墓の引っ越し:改葬

墓石(お墓)を移す方法/改葬って?

お墓の移動/引越し(改葬)。この改葬にも色々手続きや供養が必要。改葬許可証や受け入れ証明書など、揃える書類も必要となってきます・・・

墓石に彫る言葉・文字

墓石(お墓)に刻む言葉・文字 文例

墓石・墓碑・墓塔に刻む文字・言葉・句などをご紹介。文例を元に個性ある言葉をお墓(墓石)に刻んでは?



Copyright(c) 墓石.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com