墓地の使用規則(使用規定)は必ず確認を

墓地の使用規則|墓石 基礎知識

墓地(お墓)の使用規則(使用規定)

墓地・霊園の規定

墓地(お墓)を購入するにあたって注意したい事の一つに、この「墓地使用規則(使用規定)」が挙げられます。

この規則をしっかり把握しておかないと、霊園やお寺側から使用権の拒否や墓地の返還などが求められます 。


公営・民営を問わず設けられている「使用規則(使用規定)」。
事前にしっかりとチェックを行い、自分にとって相応しい墓地なのか、永年に渡ってお墓を守っていける霊園なのかを判断しておきたいところ。

と言うのも、お墓を建墓するにあたってお寺や霊園などでは様々な制約が定められているからです。
そして、その規定に反する場合は使用を拒否されたり、墓地の返還を求められたりする場合があるのです。

では、この墓地使用規則には一体どんな事が盛り込まれているのでしょうか。

大まかに言うと、その墓地を使用する人の資質や建墓するにあたっての制約、そして使用権の継承などその規定は多岐に渡ります。

ここからは、標準的な「墓地使用規則(使用規定)」に関してご紹介したいと思います。


墓地使用の制約

これは、墓地を使用する目的に関して定められたものです。

当たり前の事ではありますが、遺骨を埋葬する以外での使用を禁止するのもで、また、その埋葬方法が定められています(土葬は禁止など・・)。

そして、墓地に埋骨される者が使用許可された人や親族に限る、と言った制約が定められています。

石材店の指定

石材店に関しては墓石業者は勝手に選べない?でも記載していますが、霊園やお寺などで指定された石材店又は管理者が許可した者の他は、施工してはいけないと言う制約がこれに当たります。

墓地使用の負担行為

墓地利用規約の中には、墓地使用権の譲渡や継承に関する規定、そして墓地使用料(永代使用権料)や管理料の支払いに関する決まり事が記載されています。

そして、この負担行為に関しては、墓地(お墓)を購入してから何時いつまでに外柵(巻石)を設置し、使用墓地の区画をはっきり明示しなければならないといった規約や、使用墓地内の植木や墓碑などの倒壊・転倒などは速やかに修理・改善しなければならない、と言った規則が記載されています。

墓地使用規則に関しては、それぞれ霊園やお寺などでも違いはありますが、建墓ローンの支払いが滞ったり墓地使用者の相続・継承が何年も行われず不明になった場合など、上記で記載した規約に反する行為が認められた場合、権利が取り消されてしまいます。

また、霊園によってはその一つでも認められた場合、使用権を剥奪されるといった厳しい処置を行っている所もあるようです。

全国の永代供養・樹木葬・納骨堂も多数掲載!
霊園・墓地検索ポータルサイト【もしもドットネット】

日本最大級の墓地・霊園検索サイト【もしもドットネット】

・掲載されている物件件数は全国で約1300超!
・安心安全!経済産業省に認可された首都圏石材協同組合が運営するサイト
・自分の理想に合致するお墓を最短距離で解りやすく検索が可能!
・相談無料!専属の仏事コンサルタントがメールや電話にて霊園探しをサポート
・資料請求も無料。ご自身が気になる物件をいくつでも取り寄せる事が可能

先ずは、「地域」「墓地・霊園の種類」から検索!直ぐに掲載されている物件の中からピンポイントで結果が表示されます。

全国の永代供養墓を検索

「単身者・夫婦だけ・ペットと一緒」といった方のお墓もご紹介!

3つの永代供養墓と7種類のテーマから霊園・墓地を検索!
将来、お墓を守ってくれる人が居ない方にも、安心して墓地・霊園選びのサポートを行ってくれます。

是非、この検索サイトで霊園選びを吟味して見て下さい。

墓石.com 基礎知識 関連コンテンツ

お墓を建てたらまずは開眼法要

墓石に魂?開眼法要とは

お墓(墓石)を建てた後に必要となってくる開眼法要。開眼法要とは一体何なのか?時期をいつ頃行うのか?服装は?用意するものは?

お布施の疑問にお答えします

お布施の金額は?水引は?

お布施は一体どのような水引でどのような表書きを書けば良いのか?また、お布施の相場は?幾ら包めばいいのか?

墓埋法

墓埋法(ぼまいほう)とは

お墓を建てるに当たって法律に基づいた方法で正しく行われなければならない。その為のルールが墓埋法。好き勝手に遺体を火葬したり、遺骨を埋めたりする事は出来ません。

お墓の継承

お墓(墓石)の継承方法・手続き

お墓(墓石)を建てた後に必要となってくる開眼法要。開眼法要とは一体何なのか?時期をいつ頃行うのか?服装は?用意するものは?

お墓のサイズ

墓地の面積はどれ位必要?

お墓を建てるにはどれ位の面積が必要となってくるのか。また、墓地の面積単位は独特。1坪でも一般的に使われている大きさとは異なります

墓地・霊園の規定

墓地(お墓)の使用規則(使用規定)

お墓(墓地)を購入するにあたって注意しておきたいのが墓地使用規則(墓地使用規約)。霊園やお寺側から使用権の拒否や墓地の返還などが求められる場合も・・・

埋葬許可書

埋葬する時に必要な埋葬許可書

お墓を建てた後、遺骨を埋葬しますが勝手に行ってはいけないと法律で定められています。ではどうすれば良いのでしょうか?そこで必要なのが埋葬許可書。では埋葬許可書はいつ交付されるのか?

閉眼供養

閉眼法要(閉眼供養)/お魂抜きとは?

お墓(墓石)を改葬する場合や新しく作り直す際、必要となってくるのが閉眼法要(閉眼供養)/お魂抜き。閉眼法要(閉眼供養)は、「お魂抜き」や「性根抜き」とも言われ、お墓に宿った仏様の魂を鎮めて抜き取る供養です

お墓の仕組み

お墓(墓石)のしくみ

知っているようで知らないお墓(墓石)のしくみ・構成。お墓と言っても様々なパーツ(上台・中台・芝台・石碑・カロート・・・)で構成されています。そんなお墓のしくみを簡単にご紹介

お墓の種類・埋葬スタイル

お墓・埋葬の種類・スタイル

お墓に埋葬されるスタイルに関しては、幾つかの種類があります。特に、単身者や子供が居ない夫婦の場合など継承者が居ない場合はどんなお墓が良いのでしょうか

墓石の形・デザイン・スタイル

お墓(墓石)の形

お墓(墓石)と言ってもその形は様々。一般的に使われているのは「和型」と呼ばれる石台を積み重ねたオーソドックスな墓石と、「洋型」と言われるオルガン型のお墓などがあります

全国の墓石

墓石の種類・産地

お墓(墓石)に使われる石材と言っても取れる産地によって色や材質、耐久性など様々。また、御影石に代表される石材は、殆どが輸入に頼っているのが現実です・・・

お墓の引っ越し:改葬

墓石(お墓)を移す方法/改葬って?

お墓の移動/引越し(改葬)。この改葬にも色々手続きや供養が必要。改葬許可証や受け入れ証明書など、揃える書類も必要となってきます・・・

墓石に彫る言葉・文字

墓石(お墓)に刻む言葉・文字 文例

墓石・墓碑・墓塔に刻む文字・言葉・句などをご紹介。文例を元に個性ある言葉をお墓(墓石)に刻んでは?



Copyright(c) 墓石.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com