戒名(法名・法号)とは仏の弟子になった証

戒名(法名・法号)|墓石 基礎知識

戒名(法名・法号)とは一体何か

戒名(法名・法号)とは

よく聞く戒名(法名・法号)。あの墓石や位牌に刻まれている文字。

みなさん、その意味はご存じですか?
また、どのようにして決まるのか?
戒名の位って?

そして最も気になるのが、戒名料の金額相場。
お寺関連の費用は解り辛いものですが、この戒名の値段もなかなかピンっと来ません。

そんな戒名(法名・法号)に関しての基礎知識を、ここではご紹介しています。


意外と知らない戒名(法名・法号)の意味

戒名と言うのは、仏の弟子になった証として授かる名前ですが、浄土真宗では「法名」・日蓮宗では「法号」と言います。

この戒名は、「院殿号・院号」、「道号」、「戒名」、「位号」の順番に構成されており、主に使われるのが「道号」・「戒名」・「位号」の3種類です。


戒名(法名・法号)とは一体何か

| 院殿号・院号

これは戒名の中でも最高位のもので、元々は天皇の御所の名前をとって○○院と呼んでいた事から始まります。

また、「殿」に関しては天皇と区別するために加えられたもののようです。
いずれにしても、お寺を建立するなど社会的に貢献し、そして何より信仰心があつい人に贈られる名前です。


| 道院/戒名

道号とは戒名の上に付けられるもので、亡くなった方の徳を表す言葉です。


| 位号

戒名の下に付けられるもので、年齢や性別、信仰心のあつさなどによって変わってきます。


・大居士(だいこじ)・居士(こじ)・大姉(だいし)

大居士は院殿号に、居士は院号に付けられるもの。
また、居士・大姉は成人以上の男女で信仰心があつく、菩提寺や教団、そして社会的に貢献した人に付けられます。


・信士・信女

一般成人の檀家に付けられるもので、僧侶や菩提寺と振興を深めている人に付けられます。


・童子・童女

数えで3歳から15歳未満の子供に付けられます。


・孩児(孩女)・嬰児

誕生してから数え年て2・3歳までの乳児に付けられる。


・水子

死産の胎児に付けられる。

その他位号には、大禅定門・禅定門・清信士(善士)があります。
また、真言宗における「法名」に関しては、男性の場合「釈○○」、女性の場合は「釈○○子」と付けるのが正式となっています。

戒名の値段 戒名料の疑問

僧侶や住職に渡す「お布施」に関しても、基準となる料金ははっきりしていません。

そしてこの「戒名」に関しても、これといった金額が提示されているわけではなく、遺族側にとっては悩まされるところの一つです。

上記で記載したように、戒名にもいろいろ「位」と言うものがあり、それに応じて金額も変わってくるようで、院殿号などは数百万~などとも言われています。

また、よく使われる「信士」や「信女」なども15万~30万円と値段の開きが見られます。

それぞれ菩提寺やお世話になるお寺側で、ある程度基準となる値段が存在するのでしょうが、なかなか一般の方では解りえないところ。
ましてや、普段付き合いのある菩提寺などが無い方にとっては・・・。

そんな戒名の料金相場を知っているのが、葬儀関係者
普段からお寺との付き合いもあり、持ちつ持たれつの関係なので相場と言うものも把握しています。

ただ、この金額相場は経験値を出ないものであり、根拠のない計算方法と感じられる方も多いのではないでしょうか。

実際、檀家であっても年に一度お寺へ行くか行かないかの世界。
普段から頻繁に菩提寺にお参りをし、寄付をしている人ならば既に戒名も貰っているでしょう(キリスト教なら毎月行う事)。

そう考えると、ある程度の出費は仕方のない事ではないでしょうか。

お寺側もこの「お布施」で生計を立てているのですから・・・。

戒名(法名・法号) 文字の種類(字体)は?

墓石に刻む戒名。
その刻まれる文字に関して、制限といったものはあるのでしょうか・・・。

基本的には、楷書体・ゴシック体・行書体・隷書体などから選ばれます。

しかし、上記の書体でなければならないと言う決まりは無く、自分で書いても良いですし専門の書家に依頼しても構いません。

ただ、大きさに関しては墓石のサイズと合うようバランスに注意をしたいところです。

また、字体も「新字体」を使うよりも「旧字体」で記載する方が好ましいようです。


釈 » 釋

覚 » 覺

墓石.com 基礎知識 関連コンテンツ

お墓を建てたらまずは開眼法要

墓石に魂?開眼法要とは

お墓(墓石)を建てた後に必要となってくる開眼法要。開眼法要とは一体何なのか?時期をいつ頃行うのか?服装は?用意するものは?

お布施の疑問にお答えします

お布施の金額は?水引は?

お布施は一体どのような水引でどのような表書きを書けば良いのか?また、お布施の相場は?幾ら包めばいいのか?

墓埋法

墓埋法(ぼまいほう)とは

お墓を建てるに当たって法律に基づいた方法で正しく行われなければならない。その為のルールが墓埋法。好き勝手に遺体を火葬したり、遺骨を埋めたりする事は出来ません。

お墓の継承

お墓(墓石)の継承方法・手続き

お墓(墓石)を建てた後に必要となってくる開眼法要。開眼法要とは一体何なのか?時期をいつ頃行うのか?服装は?用意するものは?

お墓のサイズ

墓地の面積はどれ位必要?

お墓を建てるにはどれ位の面積が必要となってくるのか。また、墓地の面積単位は独特。1坪でも一般的に使われている大きさとは異なります

墓地・霊園の規定

墓地(お墓)の使用規則(使用規定)

お墓(墓地)を購入するにあたって注意しておきたいのが墓地使用規則(墓地使用規約)。霊園やお寺側から使用権の拒否や墓地の返還などが求められる場合も・・・

埋葬許可書

埋葬する時に必要な埋葬許可書

お墓を建てた後、遺骨を埋葬しますが勝手に行ってはいけないと法律で定められています。ではどうすれば良いのでしょうか?そこで必要なのが埋葬許可書。では埋葬許可書はいつ交付されるのか?

閉眼供養

閉眼法要(閉眼供養)/お魂抜きとは?

お墓(墓石)を改葬する場合や新しく作り直す際、必要となってくるのが閉眼法要(閉眼供養)/お魂抜き。閉眼法要(閉眼供養)は、「お魂抜き」や「性根抜き」とも言われ、お墓に宿った仏様の魂を鎮めて抜き取る供養です

お墓の仕組み

お墓(墓石)のしくみ

知っているようで知らないお墓(墓石)のしくみ・構成。お墓と言っても様々なパーツ(上台・中台・芝台・石碑・カロート・・・)で構成されています。そんなお墓のしくみを簡単にご紹介

お墓の種類・埋葬スタイル

お墓・埋葬の種類・スタイル

お墓に埋葬されるスタイルに関しては、幾つかの種類があります。特に、単身者や子供が居ない夫婦の場合など継承者が居ない場合はどんなお墓が良いのでしょうか

墓石の形・デザイン・スタイル

お墓(墓石)の形

お墓(墓石)と言ってもその形は様々。一般的に使われているのは「和型」と呼ばれる石台を積み重ねたオーソドックスな墓石と、「洋型」と言われるオルガン型のお墓などがあります

全国の墓石

墓石の種類・産地

お墓(墓石)に使われる石材と言っても取れる産地によって色や材質、耐久性など様々。また、御影石に代表される石材は、殆どが輸入に頼っているのが現実です・・・

お墓の引っ越し:改葬

墓石(お墓)を移す方法/改葬って?

お墓の移動/引越し(改葬)。この改葬にも色々手続きや供養が必要。改葬許可証や受け入れ証明書など、揃える書類も必要となってきます・・・

墓石に彫る言葉・文字

墓石(お墓)に刻む言葉・文字 文例

墓石・墓碑・墓塔に刻む文字・言葉・句などをご紹介。文例を元に個性ある言葉をお墓(墓石)に刻んでは?



Copyright(c) 墓石.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com