墓石を建立した時に必要となるのが開眼法要

開眼法要|墓石 基礎知識

墓石に魂?開眼法要とは?


お墓を建てたらまずは開眼法要

icon_check 開眼法要ってそもそも何?

icon_check 時期をいつ頃行うの?

icon_check 服装は?用意するものは?


開眼法要の儀式

名前だけは聞いたことがあるが、一体何をする儀式なのだろうか?

実は、お墓(墓石)を建立するに当たって必要な儀式が、この「開眼法要」なんです。

しかし、名前だけ見ると「目を開く法要」となる。これは一体どういう意味なのか・・・。

簡単に言えば、「開眼」とは「魂を入れる」と言う意味です。
墓石を建てたからといって、この状態ではただの石に過ぎません。そこで開眼法要を行う事により、故人の魂を墓石に迎い入れ、礼拝の対象とするのです。

元々は銅像を作った際、魂を入れ仏像や御神体として礼拝の対象にする儀式が由来となっています。

また、宗派や地域によって入魂式や入仏式、お霊入れなどとも呼ばれます。


開眼法要はいつ行えば良いの?

開眼法要を行う時期は、お墓を建ててから納骨法要(お骨をお墓に収める)と一緒に行うのが一般的です。

ただ、この時期に行いなさいという決まりはありません。

しかし、開眼法要は『お墓(墓石)=故人(先祖)の家』が完成したと言うお祝いでもあるので、多くの方に参列して頂き祝ってもらいたいところ。

そうなると、家族や親類が集まりやすい年弔法要やお彼岸、お盆といった時期がベストとなってきます。

どんな服装で開眼法要に参列すれば良いの?

開眼法要:服装

基本的には、男女供略葬服やスーツとなります。
開眼法要は、先にも述べたように「お祝事」ですので、落ち着いた服装であればこれと言った決まりがある訳でなありません。

男性の場合は、白ネクタイでもOKですし、女性の場合も柄物やカジュアルな服装、貴金属類などを避ければ平服でも大丈夫のようです。

しかし、納骨法要も併せて行う場合などは、法事扱いとなるので喪服での参列となります。

もし気になるようでしたら、弔事か慶事かをお寺の住職さんなどに直接伺ってみるのが確実かもしれません。


開眼法要に必要なものは?

先ず、開眼法要を行う際、僧侶に来て頂き読経をあげてもらわなくてはなりません。

そこで必要となってくるのが、お布施(御経料)です。

その他、石材店などに払う納骨代や花立や香炉、燭台などの仏具のレンタル料。そして、花代・供物代や法要の後のお斎(おとき=会食)などが挙げられます。

供物代に関しては、山・海・里のモノをそれぞれ用意します。


海の幸» こんぶ、ワカメなど
里の幸» 野菜(大根・にんじん)、なすび、ピーマンなど(色とりどりのもの)
山の幸» 高野豆腐、しいたけ、さつまいもなど
その他» 果実(季節の物)、菓子、赤飯、紅白の重ね餅(白餅でもよい)、一握りの米と塩、酒

その他、線香や万灯供養(ローソク2本 風から守るため和紙を巻き付ける)。そして、数珠、半紙、筆などが必要となってきます。

全国の永代供養・樹木葬・納骨堂も多数掲載!
霊園・墓地検索ポータルサイト【もしもドットネット】

日本最大級の墓地・霊園検索サイト【もしもドットネット】

・掲載されている物件件数は全国で約1300超!
・安心安全!経済産業省に認可された首都圏石材協同組合が運営するサイト
・自分の理想に合致するお墓を最短距離で解りやすく検索が可能!
・相談無料!専属の仏事コンサルタントがメールや電話にて霊園探しをサポート
・資料請求も無料。ご自身が気になる物件をいくつでも取り寄せる事が可能

先ずは、「地域」「墓地・霊園の種類」から検索!直ぐに掲載されている物件の中からピンポイントで結果が表示されます。

全国の永代供養墓を検索

「単身者・夫婦だけ・ペットと一緒」といった方のお墓もご紹介!

3つの永代供養墓と7種類のテーマから霊園・墓地を検索!
将来、お墓を守ってくれる人が居ない方にも、安心して墓地・霊園選びのサポートを行ってくれます。

是非、この検索サイトで霊園選びを吟味して見て下さい。

墓石.com 基礎知識 関連コンテンツ

お墓を建てたらまずは開眼法要

墓石に魂?開眼法要とは

お墓(墓石)を建てた後に必要となってくる開眼法要。開眼法要とは一体何なのか?時期をいつ頃行うのか?服装は?用意するものは?

お布施の疑問にお答えします

お布施の金額は?水引は?

お布施は一体どのような水引でどのような表書きを書けば良いのか?また、お布施の相場は?幾ら包めばいいのか?

墓埋法

墓埋法(ぼまいほう)とは

お墓を建てるに当たって法律に基づいた方法で正しく行われなければならない。その為のルールが墓埋法。好き勝手に遺体を火葬したり、遺骨を埋めたりする事は出来ません。

お墓の継承

お墓(墓石)の継承方法・手続き

お墓(墓石)を建てた後に必要となってくる開眼法要。開眼法要とは一体何なのか?時期をいつ頃行うのか?服装は?用意するものは?

お墓のサイズ

墓地の面積はどれ位必要?

お墓を建てるにはどれ位の面積が必要となってくるのか。また、墓地の面積単位は独特。1坪でも一般的に使われている大きさとは異なります

墓地・霊園の規定

墓地(お墓)の使用規則(使用規定)

お墓(墓地)を購入するにあたって注意しておきたいのが墓地使用規則(墓地使用規約)。霊園やお寺側から使用権の拒否や墓地の返還などが求められる場合も・・・

埋葬許可書

埋葬する時に必要な埋葬許可書

お墓を建てた後、遺骨を埋葬しますが勝手に行ってはいけないと法律で定められています。ではどうすれば良いのでしょうか?そこで必要なのが埋葬許可書。では埋葬許可書はいつ交付されるのか?

閉眼供養

閉眼法要(閉眼供養)/お魂抜きとは?

お墓(墓石)を改葬する場合や新しく作り直す際、必要となってくるのが閉眼法要(閉眼供養)/お魂抜き。閉眼法要(閉眼供養)は、「お魂抜き」や「性根抜き」とも言われ、お墓に宿った仏様の魂を鎮めて抜き取る供養です

お墓の仕組み

お墓(墓石)のしくみ

知っているようで知らないお墓(墓石)のしくみ・構成。お墓と言っても様々なパーツ(上台・中台・芝台・石碑・カロート・・・)で構成されています。そんなお墓のしくみを簡単にご紹介

お墓の種類・埋葬スタイル

お墓・埋葬の種類・スタイル

お墓に埋葬されるスタイルに関しては、幾つかの種類があります。特に、単身者や子供が居ない夫婦の場合など継承者が居ない場合はどんなお墓が良いのでしょうか

墓石の形・デザイン・スタイル

お墓(墓石)の形

お墓(墓石)と言ってもその形は様々。一般的に使われているのは「和型」と呼ばれる石台を積み重ねたオーソドックスな墓石と、「洋型」と言われるオルガン型のお墓などがあります

全国の墓石

墓石の種類・産地

お墓(墓石)に使われる石材と言っても取れる産地によって色や材質、耐久性など様々。また、御影石に代表される石材は、殆どが輸入に頼っているのが現実です・・・

お墓の引っ越し:改葬

墓石(お墓)を移す方法/改葬って?

お墓の移動/引越し(改葬)。この改葬にも色々手続きや供養が必要。改葬許可証や受け入れ証明書など、揃える書類も必要となってきます・・・

墓石に彫る言葉・文字

墓石(お墓)に刻む言葉・文字 文例

墓石・墓碑・墓塔に刻む文字・言葉・句などをご紹介。文例を元に個性ある言葉をお墓(墓石)に刻んでは?



Copyright(c) 墓石.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com