「墓じまい」とは?

お墓を守る後継ぎが居なくなる場合の対処法|墓石 素朴な疑問

墓守の後継ぎがいない場合は?


墓じまい・お墓の移動(改葬)

少子高齢化が進み、これから増えていく問題に『無縁墓』が挙げられます。

特に、地方の寺院や霊園などでは深刻な問題となっているようです。

都心に住む家族が遠距離であるという理由や、高齢で出歩く事が難しくなりお墓参りに行く事が出来なくなってしまい、その内お墓が荒れ果て無縁墓となってしまうケースです。

そして、現在では地方だけでなく都心のお墓ですらその様な問題が表面化してきています。

お墓をこれからどう守っていくかが、今後の課題となっていくようです。

そこで、先ず行わなければならないのが『墓じまい』です。


墓じまいとは

これから後を継ぐものが居なくなったり、お子さんが女性だけでお墓を守っていく事が困難になってしまうご家庭の場合、ご先祖様が代々眠るその場所(寺院・霊園)から、お墓を撤去しなければなりません。

そして、散骨や永代供養墓での合葬という形で、墓守が居なくなった後でも供養できるようにしておかなくてはなりません。

その際、寺院や霊園などで永代使用していたお墓は、墓石を撤去し奇麗に更地として返却しなくてはならないのです。
これが『墓じまい』です。

墓じまいの注意点

墓じまい:事前に話し合いを

墓じまいを行う前に、先ず行っておく事があります。
それは、血縁関係のある親族に了承してもらうと言う事です。

親族にとってもそこで眠るご先祖は大事な存在。
しかし、その辺りの話し合いを曖昧にしておくと、後々必ず問題となってきます。

しっかり「墓じまい」を行う理由を説明し、反対する縁者に対しても時間を掛けて納得してもらうように心がけたいところです。

また、霊園や寺院へ墓じまいの了承を取り付けます。

特に寺院の場合は、檀家としてご先祖からの長い付き合いがあります。
急いで決めて急にお墓を〆たいと告げても、納得がいきません。

お寺側は、今までお墓を守り供養してきた立場ですし、檀家が一つ減るという事は非常に辛いところでもあります。

それなりに早い段階で計画を説明し、快く納得してもらうことが肝心です。

また、下記にも示している「改葬手続き」では、寺院側(管理者)に埋葬証明書を発行してもらわなくてはならず、更に寺院を離れる際、高額な離檀料(檀家を離れる時の手数料・お布施の一種)を請求される場合もあります。

要するに、事を急がずしっかりと説き伏せて行く事が必要であるという事です。
また、寺院側も墓守のいないお墓(無縁墓)になってしまう事の方が負担が掛かる、という考えもありますし・・・。


墓じまいの手続き・方法

墓じまいの手続き

上記で記載した段取りを踏まえてから、下記の順番へと進めていきます。


1.新たな埋葬先を探す

墓じまいを行うには、先ずは遺骨の新たな場所(永代供養墓・散骨・樹林墓地など)を決めなくてはなりません。

自分が亡くなった後も、先祖共々供養してくれる合葬を行っている寺院や霊園などを探す事です。

また、場所や料金、システム等をしっかり理解した上で納得のいく場所を見つけておくのが肝心です。

その際、注意が必要なのは、最近そういったお墓にニーズが集まっているため、申し込みが多数寄せられているという事です。

その日に直ぐ決められるというものではありません。
墓じまいに関しては、ある程度時間を掛けて行っていくことが必要です。


2.葬手続き

「墓じまい」すると言う事は、遺骨を移す。すなわち『改葬』するという事です。

ここで必要となってくるのは、お墓のある市区町村の役所で「改葬許可証」を公布してもらはなくてはならないという事です。(勝手に遺骨を取り出し移す事は出来ません)
詳細はコチラ » 墓石(お墓)を移す方法/改葬って?


3. 墓石の撤去

石材業者に依頼し、お墓があった墓地区画をきれいに整地してもらい、霊園・寺院に返却します。

墓じまいの費用(料金)は?

墓じまいの費用

実際、自分自身で墓じまいを行うと、どれ程の費用が掛かるのでしょうか。

墓地の解体費用や法要の価格。更に、役所への手続きに掛かる費用や、新しい墓地へ改葬する為の費用など・・・。そのコストは多岐に渡ります。

実際、自分で業者に見積を依頼すると、出してもらったその金額に驚いた!という方も多いのが事実です。

先ずは、墓じまいの手続きと共に料金がどれ位掛かるのかを知っておきましょう。


1.お墓の撤去・更地にする作業

墓石を撤去するには、重機を持ち込んだそれなりの工事が必要となってきます。

人手はもちろんですが、肝心なのはやはり、クレーン車などがどの程度使えるのか、という点です。

整備された霊園などでは、更地にする作業も考慮して重機が入れるようにスペースが確保されています。

しかし、一般の墓地や寺院などでは、重機が墓地に横付け出来ない場所も多々あります。

そうなると、クレーン車まで運搬車や特殊な重機(カニクレーン)によって石材を運ばなくてはならないので、費用が更に嵩む事となります。

一般的には、基本作業1平米辺り約10万円ほどとされていますが、上記で記載したように、作業がし辛い環境であれば、更にプラスα手数料という形になります。


2.閉眼供養(魂抜き)

墓じまいをするという事は、お墓から遺骨を取り出さなくてはなりません。そうなると、僧侶による閉眼供養を行う必要が出てきます。
» 閉眼供養とは

その際、お布施として心づけを渡さなくてはなりません。
そして気になる費用ですが、寺院などで檀家を離脱するというケースならば、金額が加算されます。

・閉眼供養+謝礼として2万円~15万円ほど

霊園などの場合は、お車代などがプラスされます。

・閉眼供養+お車代として1万円~5万円ほど

3. 改葬費用

遺骨を取り出せば、新たな埋葬場所が必要となってきます。

霊園・寺院などの墓地や、永代供養を行ってくれる納骨堂などの利用料。更には、新しく墓石を購入した場合などは、その代金も掛かってきます(割愛)。

特に、新しい埋葬先でも今までの墓石を利用するとなると、運搬費用も加算されます。

・墓石運搬費用:20万円~80万円
*積載量・走行距離によって金額が変わってきます。

そして、お墓に遺骨を納めるための納骨費用も忘れてはなりません。

通常、石材店の方で遺骨作業・祭壇の準備などを行いますが、その際、費用が1遺骨あたり約1万5千円~3万円ほど(ご自身で納める場合は、その費用に関しては必要ありません)となります。

更に、宗教者を呼んでの納骨法要(納骨式)でも、お布施という形で必要となってきます。

・納骨法要の費用:約3万円~5万円
*通常、開眼法要も一緒に行ってもらう場合が多く、その分の費用も一緒に包む事となります。

その他、法要部屋の使用料やお供え物など、細々したものも合わせると、改装費用(墓石・お墓の利用料は別途)だけでも数万円~数十万円掛かってしまいます。


4.離檀料

お墓が寺院にあった場合は、檀家を抜けるという事になるので、その際「離檀料」が発生します。

ただ、ここで注意したいのが、お寺側からすれば檀家が離れていくという事は死活問題に当たるという事です。
彼岸や年忌法要など、お寺の経営に大きく関わる収入が減るという事なので・・・。

更に、この離檀料には決まった価格というものは存在しません!
そのため、お寺側と細心の注意を払って説明し、快く了承してもらわなくては法外な離檀料を要求される場合も出てきます。

・離檀料:一般的には約3万円~10万円ほど

自分で墓じまいを行う場合、この点が一番難しい問題になってきそうです。

やはり、交渉のプロでもある専門業者にお願いするのが無難ではないでしょうか。

墓石.com 素朴な疑問 関連コンテンツ

墓石を建てる手順

墓石(お墓)を建てる手順って?

お墓(墓石)を建てる手順にも、様々な決まり事や手続きがあります。霊園選び・石材店選び・申請書類の提出など、素朴な疑問にお答えします。

墓地の種類:霊園・墓地

墓地の種類って?公営墓地?民営墓地?

お墓(墓石)を建てる場所って決まりがあるのでしょうか?一体墓地って何種類ぐらいに分かれるのか?勝手にお墓(墓石)を建ててはダメ?公営墓地?民営墓地?どう違うの?

お墓を建てる良い時期とは

いつお墓(墓石)を建てるべきか?

お墓(墓石)を建てる時期には、決まりがあるのだろうか。お墓(墓石)を建てるに当たって、縁起のいい日・悪い日ってあるのだろうか。そんな、お墓(墓石)に関する素朴な疑問にお応えします

墓石の価格

墓石(お墓)の値段の違いは?

お墓(墓石)と一口に言っても種類も色々、産地も色々、そして値段も色々。墓石の値段はどのように付けられているのか。色んな要素が絡んで墓石の値段は決められているようで、一概に言えないのが事実

墓石に刻む文字

墓石(お墓)に刻む文字 戒名・本名?

お墓(墓石)を建てる際、気になるのが墓石に刻む文字。どんな文字を刻めば良いのか。戒名とは?本名はどこに刻むの?合祀墓・単独墓では、刻む文字も場所も変わってくる?

永代供養墓

子供がいない夫婦のお墓はどうなるの?

子供が居らず、お墓(墓石)を供養してくれる人がいない場合や、独身で将来お墓(墓石)管理してくれる人がいない場合、一体どうすれば良いのか。そこで考えられるのが、永代供養墓や共同墓の存在

内縁の妻・再婚した妻のお墓

再婚した女性のお墓はどうすれば良いのか?

再婚した女性は、どのお墓(墓石)に入るべきなのか。また、内縁の妻のお墓はどうなるのか。永代使用権者との関係により、お墓に入れない場合も・・・。何故ならば、承諾が必要となってくるから

お墓に税金は掛かるの?

墓石(お墓)に掛かる税金は?

お墓(墓石)の購入や相続に当たって疑問に思うのが、「税金」。相続税は掛かってくるのか。掛かってくるとしたらどれ位なのか。それとも非課税?

墓じまい・お墓の移動(改葬)

墓じまいとは?

墓じまいの費用は意外と掛かる。墓じまいの手続きも面倒が多いようで・・・。お墓(墓石)を守っていく後継ぎがいなくなったらどうすれば良いのでしょうか。無縁墓になってしまわないようにするには・・・

樹林墓地(樹木葬・樹林葬)

樹林墓地(樹木葬・樹林葬)とは?

お墓の新しいスタイル。それが樹林墓地(樹木葬・樹林葬)です。墓石を必要とせず、墓標を樹木で祭る自然派のお墓。後継者が居なくても安心出来るお墓のスタイル

海洋散骨

散骨は合法?散骨と遺骨の違い

散骨に関する疑問にお答えします。遺骨を勝手に好きな場所に埋葬は出来ない!散骨も法律違反になるのでは?そもそも、散骨ってなに?




Copyright(c) 墓石.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com